個人研究発表 優秀賞・奨励賞 受賞者

(敬称略、順不同)

2015年度

<優秀賞>

氏名題目
古田 克利・辻 彰彦・松尾 智晶「キャリア・コンサルタント資格の有無が相談満足度に与える影響
 ―大学キャリア・センターにおける就職相談場面に着目して―

<奨励賞> 

氏名題目
坂柳 恒夫・中道 明弘・
栗田 裕二・早川 美子
「大学生の生き抜く力に関する研究」  
湯本 真之  「男性神経症者の求職体験とセルフヘルプグループへの参加による影響」
塚原 拓馬「復職支援における生涯発達の意義」  

2016年度

<優秀賞> 該当者なし  

<奨励賞> 

氏名題目
澤田 清美  「キャリア開発を促進する企業内キャリア・カウンセリングの効果と必要性」
中野 卓立・松本 博・
源城 かほり
「室内植物によるオフィスワーカーの
 ストレス軽減・緩和効果に関する実証研究」
小倉 泰憲「『ほめらレター』ワークの学生及び社会人への適用と有効性の検討」  

2017年度  

<優秀賞>  

氏名題目
森本 哲介・高橋 誠・田原 直久「強みを中心としたキャリア形成支援プログラムが
 自己PRに関する効力感と自己形成意識に与える効果」

<奨励賞>

氏名題目
杉山 崇  「相談関係・現実受容・問題解決の3stepsモデルによる統合的カウンセリングについて
 ~ C.Cloninger理論を活用した関係構築~」
野条 美貴  「キャリアストーリー・インタビューをグループで用いた語りの形成効果」
村久保 雅孝「メンタルヘルスの不調による休職への適応を促す緩和勤務
 ~当事者感覚を尊重した介入と連携~」

2018 年度  

<優秀賞>

氏名題目
砂川 未夏・高橋 浩  「思春期・若年成人(AYA世代)におけるがん治療の経験が
 キャリア上の意思決定に及ぼす影響についての調査研究」

<奨励賞> 

氏名題目
長谷川 能扶子・三好 真  「セルフ・キャリアドックにおけるクライアントの満足度と支援の効果」
吉川 雅也「大学生のキャリア開発におけるハプンスタンス学習理論の活用」  

2019年度  

<優秀賞>

氏名題目
吉川 雅也「大学生のキャリア開発におけるキャリア・アンカーの活用
 ―キャリア・アンカーを用いた社会構成主義的な自己理解とキャリアビジョンの構築―」

<奨励賞> 

氏名題目
佐藤 敦子・江口 圭一  「看護師の職務満足と個人属性が職業的自尊心に及ぼす影響」
木下 城康「キャリア構成インタビュー(CCI)の影響と課題
 ―キャラクターアーク分析を中心に―」

2020年度  

<優秀賞> 

氏名題目
原 恵子・依藤 聡・ 清水 康子・
正道寺 博之・岡田 昌毅
「組合の専従役員経験を通した
 職業的発達プロセスに関する探索的検討」  

<奨励賞> 

氏名題目
谷口 ちさ・石山 恒貴  「デベロップメンタル・ネットワークが
 デベロッパー(メンター)にもたらす獲得利益とそのプロセス」
中村 准子・岡田 昌毅「企業で働く人の職業生活のおける心理的居場所感の
 低下・喪失状態に関する探索的研究」
三浦(新免)玲・杉山 崇・
合田 美子
「ARCS モデルに基づいた学生のキャリア選択自己効力感を
 高める強みプログラム開発」

2021年度

<優秀賞> 該当者なし

<奨励賞> 

氏名題目
浅野 浩美  「企業内キャリアコンサルティングの役割及び機能
 〜既存自由記述調査・インタビュー調査結果の再分析から〜」
鈴木 潤也・酒井 真依子・
麻生 倫世・阿部 香織
「認知行動療法を用いた短期解決型カウンセリングの効果と今後の課題」
  • 誤記載等お気づきの点がございましたら、学会事務局までご連絡ください。速やかに対応いたします。→ お問い合わせフォーム